バドミントン 練習方法 メニュー

1ヶ月弱で、上達できました

【簡単バドミントン上達法】の詳しいレビュー・評判

1日13分、あることをするだけでバドミントンが一気に上達するトレーニング法です。
管理人の体験談を掲載しています。

>> レビュー・評判はこちら
>> 公式サイトはこちら

関連エントリー一覧

バドミントンの練習 【オーバーヘッドストローク】
オーバーヘッドストロークとは、で、もっとも基本となるストロークです。頭より上の位置に来たシャトルを体重を乗せながら、高い打点で打ちます。攻撃的で、力強いストロークとなります。において、クリア、ドロップ、カット、スマッシュなどのショットが、オーバーヘッドストロークに分類されます。シャトルの落下地点に素早く入り込み、体が横向きになった状態から前に回転させて、右利きである場合、体重を右足から左足へと移動していきます。このとき、左手を高く上げるのがポイントです。左手が、シャトルまでの距離感をつかんだり、...
バドミントンの練習 【アンダーハンドストローク】
アンダーハンドストロークとは、ドロップやヘアピンなどのような、ネットの手前で落とされたシャトルを、腰より低い打点で打つストロークです。においては、守備的な要素の強いストロークであり、正確性や安定性が重要となります。アンダーハンドストロークは、オーバーハンドストロークとともに、初心者が、最初に習得すべきストロークでもありますね。フォアの場合は、構えの体勢から利き足を一歩踏み込み、膝を90度くらい曲げます。足を出すのと同時に、ラケットを足が踏み出していた方向へ出します。腕のひねりと手首の返しを上手く...
バドミントンの練習 【サイドハンドストローク】
腰から肩くらいの高さにあるシャトルを、体の横で打つのに適しているのが、サイドハンドストロークです。においては、もっとも使用頻度の高いストロークでしょう。で、サイドハンドストロークを使ったショットには、ヘアピンや、ドライブなどがありますね。左右のうちわけがしやすいという特徴もありますので、フォアとバックを切り替える練習にも最適です。フォアハンドの場合には、踏み出した前の足に体重を乗せて振るようにしましょう。スイングの勢いが良すぎると、動作が遅れてしまいますので、振りきらずに、すぐホームポジションに...
バドミントンの練習 【ハイバックハンドストローク】
ハイバックハンドストロークは、初心者にとっては、とても難易度の高いショットです。しかし、バックの奥に追い込まれてしまったとき、大変頼りになるショットですので、がある程度上達したら、ぜひ練習して身につけるようにしましょう。ハイバックハンドストロークは、ラウンドザヘッドストロークでも間に合わないシャトルを自分の背後に打たれてしまったとき使うストロークです。相手に背を向けるというリスクがあり、また、相手のコートを見ない状態で打つことになってしまいますので、コートの空間把握と、かなりの経験値、練習が必要...
バドミントンの練習 【ラウンドザヘッドストローク】
ラウンドザヘッドストロークはならではのショットです。本来であれば、バックハンド側で打つ側にある頭上のシャトルに対して、フォアハンドで打てるようにまわりこみます。ハイバックハンドストロークよりもコントロールがつけやすく、ホームポジションに戻りやすいという利点があります。フォアハンドであるため、強い打球を打つことができますが、上体をそらした形での打ち方になるので、バランスをとる練習が必要です。ラウンドザヘッドストロークは、もともとバック側になるシャトルをフォアでとらえようとするわけですから、無理な体...